沖縄こどもの国にある沖縄県地域環境センター主催の「海辺の生き物とマイクロプラスチック調べ」連続講座。今日は1日目で、海の観察会でした!
最初に、ホワイトボードに絵を描きながら、干潟の生き物の説明。おひるを食べてから恩納村ふれあい体験センター前の干潟を歩きました。結構日差しが強くて、浅い所の海水はお風呂のような温度! 気候変動の影響で、ここ数年間でずいぶん生き物の種類も数も減ってきました。でも今日は、思ったよりも海草藻場の生き物に出会うことができたかな。
最後に、浜で砂を採集。これを使って、明日はマイクロプラスチックを調べます!

その他の写真は、Facebookでご覧ください。

沖縄こどもの国主催「海の生き物とマイクロプラスチック」連続講座の今日は1日目、海の観察会!恩納村ふれあい体験センター前の干潟を歩きました。暑かったですが、シオマネキやイソアワモチから、ナマコ、ウニ、ヒラムシ、カラッパ…いろいろな生き物に出会いました。アジサシもたくさんいました。最後は浜で、砂を採集。明日はマイクロプラスチックを調べます!

しかたに自然案内さんの投稿 2019年8月1日木曜日