ようこそ、沖縄の海辺へ。

アナジャコ類

 

07040025 のコピー RIMG4394 のコピー

 オキナワアナジャコ Thalassina anomala

 一ヶ所にとどまって写真を撮って居たら、びっくりして地面の下から出てきました。
どうやら、地下に通路があったようです。巣穴を掘った泥で、地表に大きな塚を作ります。
西表では、高さ1m以上の大きな塚もあり、そこにはさらに別のカニが巣穴を掘って暮らしています。

 

130615_11 RIMG0404 のコピー

 左は、アナエビの仲間 Neaxius sp.。
 右は、スナモグリの仲間 Callianassa sp.。

 イノーの海草藻場には、大小様々な丸い穴が開いています。
アナエビの仲間の穴をのぞき込むと、赤いエビがこちらを見ています。 
穴に海草の葉を差し込むと挟むので、引っ張り合いが楽しめます。

 スナモグリの仲間は、砂泥干潟の澪すじの近くや水たまりの近くを掘ると出てきます。
体はとても柔らかく、体の表面が水をはじくため、水面に浮かんでしまってもがいている事が多い。
内地では、釣りエサに使われます。

 

海の環境教育のお問い合わせは        TEL 098・959・8193          受付時間:朝10時〜夕方6時頃

サイト内検索

アーカイブ

Count per Day

  • 137558総閲覧数:
  • 91468総訪問者数:
  • 16今日の訪問者数:
  • 104昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2015年3月27日カウント開始日:

Facebook

PAGETOP
Copyright © しかたに自然案内 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.