ようこそ、沖縄の海辺へ。

海藻類

 

  褐藻綱

 アミジグサ科

RIMG1757 のコピー RIMG3453 のコピー

 左は、ウスユキウチワ Padina minor
 右は、オキナワモヅク? Cladosiphon okamuranus ?。

 ウスユキウチワは、薄い団扇状で、同心円状に白い線がある。潮だまりやイノーの浅瀬に多い。

 モヅクは、藻に付くのでモヅク。沖縄には数種類が分布する。
海水で砂を落とし、小分けにして冷凍しておくと、食べる時に便利。

 

 カヤモノリ科

RIMG3922 のコピー RIMG3168 のコピー

 左は、フクロノリ Colpomenia sinuosa
 右は、カゴメノリ Hydroclathrus clathratus

 フクロノリは、袋状で、所々に穴が開く。春先にたくさん出現する。

 カゴメノリには大小の穴が多数あり、網目状。これも春先に多い。

 

 ホンダワラ科

RIMG1843 のコピー RIMG0402 のコピー

 左は、ラッパモク Turbinaria ornata
 右は、ヤバネモク Hormophysa cuneiformis

 ラッパモクは葉がラッパ状で、堅い。イノーや潮だまりに生える。

 ヤバネモクは、矢羽根の様に枝から3方向にひだが伸びる。

 

RIMG0396 のコピー RIMG0410 のコピー

 左は、コブクロモク Sargassum crispifolium
 右は、ホンダワラの仲間 Sargassum sp.。

 コブクロモクの気泡は小さく、葉に黒い小さな点々があるのが特徴。

 

RIMG0406 のコピー RIMG0726 のコピー

 左は、アツバモク Sargassum srassifolium
 右は、ホンダワラの仲間 Sargassum sp.。

 アツバモクは、丸い葉の縁がギザギザしている。

 

 ほかにも褐藻の仲間は、様々な形があります…。

RIMG4347 のコピー RIMG3929 のコピー

RIMG3703 のコピー RIMG3686 のコピー

RIMG3668 のコピー RIMG3384 のコピー

RIMG3364 のコピー RIMG1884 のコピー

RIMG0413 のコピー

 

 緑藻のページに続きます…

海の環境教育のお問い合わせは        TEL 098・959・8193          受付時間:朝10時〜夕方6時頃

サイト内検索

アーカイブ

Count per Day

  • 137529総閲覧数:
  • 91447総訪問者数:
  • 99今日の訪問者数:
  • 120昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2015年3月27日カウント開始日:

Facebook

PAGETOP
Copyright © しかたに自然案内 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.