ようこそ、沖縄の海辺へ。

エビ類

 

 RIMG3796 のコピー RIMG3797 のコピー

 フトミゾエビ Penaeus (Melicertuslatisulcatus

 クルマエビに近い仲間で、砂浜の浅い水たまりで見られる。 
砂の中を探っていると出てくることが多い。右は、砂に潜ったところ。
その場で体をゆすりながら、器用に潜って眼だけ出して隠れる。

RIMG0385 のコピー RIMG0386 のコピー

 イソテッポウエビ Alpheus lobidens lobidens

 左は雄で、ハサミ脚(鉗脚)がとても大きい。この大きい方のハサミで、パチパチと音を出す。
威嚇や、餌を捕るのに使われるらしい。
 右は雌。眼の後の辺りからおなかの部分にかけて、緑色の卵巣が透けて見える。

RIMG0547 のコピー

 シマヤドリエビ Arete acanthocarpus

 サンゴ礁のナガウニ類の棘の下に、雌雄のペアで隠れて暮らしている。

 テッポウエビ類は、石の下や砂の中に穴を掘って棲んでいる。
他のエビと違って、眼が傷つかない様に、透明な甲が眼をカバーしているのが特徴的。 
ウニの他にも、ウミシダ、サンゴ等と共生している種もある。
潮の引いた場所を歩いていて、プチプチ・パチパチ音がするのは、テッポウエビ類が威嚇している音。

11190014 のコピー

 テナガエビ亜科のエビ Palaemonidae

 茶色い流れ藻に付いていた。エビ類の多くは、眼の前に伸びる角(額角)の形や、
額角の上下にある 棘の数が、分類するときの重要な特徴となる。

RIMG6356 のコピー 04110044 のコピー

 左は、イソギンチャクモエビ Thor amboinensis
 右は、フシウデサンゴモエビ Saron marmoratus

 イソギンチャクモエビは、ハタゴイソギンチャクに付いていた 。
他にも、
大型のイソギンチャク類に群れて棲んでいる。
しっぽの先を上げて、シャチホコの様にえび反る仕草がおもしろい。

 フシウデサンゴモエビは、サンゴ礁のサンゴの枝の影や岩のすき間の奥の方に棲む。
夜の大潮の時に、潮だまりに取り残されている事がある。

RIMG0148 のコピー

 トゲアナエビ

 イノーの海草藻場に穴を掘って棲む。周囲の海草や、流れて来る海藻などを食べる。
穴の中に海草を差し込むと、葉をつかみに出て来る。

 

海の環境教育のお問い合わせは        TEL 098・959・8193          受付時間:朝10時〜夕方6時頃

サイト内検索

アーカイブ

Count per Day

  • 137529総閲覧数:
  • 91447総訪問者数:
  • 99今日の訪問者数:
  • 120昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2015年3月27日カウント開始日:

Facebook

PAGETOP
Copyright © しかたに自然案内 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.