ようこそ、沖縄の海辺へ。

 

RIMG0105 のコピー RIMG3441 のコピー

 スナヂャワン(砂茶碗)

 タマガイ類やツメタガイ類の卵の塊。直径は3~4cmから10cm程度のものまで。
砂と粘液と卵を混ぜて、リボン状に巻いてあります。

 右の写真は、縁がゆるゆかに波打ったタイプ。
色が違うのは、砂の色が違うから。貝の種類によって、形や大きさが違います。

RIMG4824 のコピー RIMG0066 のコピー

 ひっくり返してみたところ。これは 直径5~6cm。何重にも巻いてあります。
右のは、直径10cm程度の大型。
こんな礫の多いところで、どうやって細かい砂だけ集めたのかな?

RIMG3515 のコピー RIMG0020 のコピー

 直径10cm程度。大きく波打つタイプと、縁が細かく波打っているタイプ。
直径10cm程度。よく見ると、それぞれ微妙に形が異ります。
茶碗の形は種によって異り、貝の専門家は、この形を見ただけで
茶碗を作った貝の名前がわかる(はず)。

 

08100005 のコピー RIMG1056 のコピー

 石の裏側に産みつけられた、イモガイ類の卵嚢

 それぞれの卵嚢には、卵が数百程度入っている。近くに親が居る事が多いです。
卵嚢の形は種によって異り、貝の専門家は、卵嚢の形や並び方で、
種類がわかる(はず)。 観察したら、石は元に戻しましょう。

 

11140005 のコピー 11190003 のコピー

 巻き貝の卵嚢

透明なカプセルの中で、11尾のベリジャー幼生が泳ぎ回っています。
数日後、左のカプセルから稚貝が出てきました。ちゃんと、巻貝の形になってます。

 

RIMG0254 のコピー RIMG2126 のコピー

 左は、キバアマガイ Nerita plicata
 右は、アマオブネの仲間 Nerita sp.。

 ノッチの下の小さな窪みに、白い卵嚢を産み付けてあります。
岩の表面の、白い卵嚢が見えるでしょうか。卵嚢には、小さな卵が複数入っています。

 

DSCN0003 のコピー DSCN0005 のコピー

 ハナビラダカラ Monetaria annulus

 水槽のガラスに、たくさんの卵嚢を産み付けているところ。
卵嚢の中には小さな卵が詰まっています。卵嚢は何重にも産み付けられ、
雌はその上に乗って卵を守ります。

 

RIMG6495 のコピー RIMG1828 のコピー

 左は、卵を産みつけるミドリアメフラシ? Aplysia oculifera ?
 右は、アメフラシ類の卵塊。

 容器の水面近くに、紐状の黄色い卵塊を産み付けています。
卵は、紐状の粘液の中に入っていて、海そうめんと呼ばれます。
 右の写真では、卵の発生が進んで色が変わっています。
一ヶ所で、いろんな色の卵塊が見られることもあります。

 

RIMG3222 のコピー RIMG3397 のコピー

 左は、ウミウシ類の卵塊。右は、カサガイ類?の卵隗。

 左は、リボン状の卵塊が、渦巻き状に岩の下に産み付けられています。
右の卵隗は少し古い感じ。

 

01270015 のコピー RIMG2085 のコピー

 

 左は、水槽のガラスに産卵するハゼの仲間。
 右は、タマシキゴカイ? Arenicola brasiliensis ?の卵隗。

 ハゼは、管を伸ばして、一つずつ卵を産み付けていきます。
干潟の表面に産みだされたゴカイ類の卵塊は、ゼリー状の塊の中に、
ものすごく小さな卵がたくさん浮かんでいます。

 

海の環境教育のお問い合わせは        TEL 098・959・8193          受付時間:朝10時〜夕方6時頃

サイト内検索

アーカイブ

Count per Day

  • 137558総閲覧数:
  • 91468総訪問者数:
  • 16今日の訪問者数:
  • 104昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2015年3月27日カウント開始日:

Facebook

PAGETOP
Copyright © しかたに自然案内 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.